駐輪場の自転車ラックの種類と使いかた、停めかた

スライド式ラック
スポンサーリンク

駐輪場で自転車を固定するラック、金沢市営駐輪場では3種類のラックが使われています。

自転車ラックの種類

  • 前乗せラック(前タイヤ固定)
  • 二段式ラック(上下2段に自転車を固定できる)
  • スライドラック(自転車を固定するレールが左右にスライドする)

なお金沢市営駐輪場は無料のため、有料駐輪場で使われる前輪がロックされるラックについては扱いません(基本的に前乗せラックと同じかと思います)。

スポンサーリンク

前乗せラック(前タイヤ固定)

前乗せラック(前タイヤ固定)

前乗せラック(前タイヤ固定)

前乗せラックは自転車の前輪を固定して停めるラックです。多くの台数が停められるようにラックの間隔を狭くして高さが「高・低」の交互になっているのもあります。

高さが違うのは隣り合う自転車のハンドルが当たらないようになっていますが、ロードバイクやクロスバイクなどのスポーツバイクはママチャリとハンドルの高さが異なるので、ハンドルが当たる場合があります。

また、ラックの間隔が狭く密度が高い駐輪場では出し入れの際に隣り合う自転車のワイヤーに引っかかることもあるので、ラックから自転車を出し入れの際は注意しましょう。

前乗せラックは前輪を少し持ち上げて固定しますが、「高い」ほうのラックは高さがあるため腕力がいります。

スポンサーリンク

二段式ラック(上段・下段)

二段式ラック(上段・下段)

二段式ラック(上段・下段)

二段式ラックは下段・上段に自転車を止めることが出来るラックです。

下段は、レールに自転車のタイヤを入れて固定するだけです。自転車を入れる際に上段のレールに頭をぶつけないように注意してください。

自転車の荷台の子供用椅子などの高さがあると上段レールに当たって停められない場合があります。

上段はレールを斜めに引き降ろすため、腕力がいるのと操作が複雑になります。また、レールを斜めに降ろす構造から、下段の自転車の荷台が子供用椅子などで高さがあるとその上段レールを下に降ろせないこともあります。

上段の使い方は別記事にて解説しているので使用方法はそちらで確認してください。

二段式ラック上段の使い方


その他に、二段式ラックには「垂直昇降式ラック」というものもあります。

垂直昇降式ラックは、下段レールがスライド式になっていて上段レールは上下に稼働します。

上段利用は、下段のレールをスライドできるので停まっている自転車を気にしなくていいのと、上段レールが下まで下がるため簡単に自転車の固定が出来ます。

[ラックメーカーによる垂直昇降式ラックの使い方の動画]

メーカーにより上段レールが「折りたためるもの」「上下するだけもの」など違いがあります。

金沢市内の公共の駐輪場には「垂直昇降式ラック」はありませんが、もしかしたらマンションなどの駐輪場設備にあるかもしれません。

スポンサーリンク

スライド式ラック

スライド式ラック

スライド式ラック

スライド式ラックはレールがスライドするラックです。

自転車をレールに固定する方法は二段式ラックの下段と同じですが、レールがスライドするので隣り合う自転車に影響なく出し入れがしやすいのが特徴です。

力を入れなくてもレールがスライドしますが、自転車が密集している場所では、レールをスライドしてスペースを空けるのが少し大変です。

他にもある石川県外の有料駐輪場のラック

都心部などの自転車駐輪場は有料の所もあります。

有料駐輪場には、前輪をラックに固定してロックするタイプやゲート式、係員に料金を支払うものなどがあります。

ゲート式の場合、ラックで施錠して管理する必要がないので金沢市営駐輪場と同様に「前乗せラック」「二段式ラック」「スライド式ラック」などが設置されているところもあります。

中には機械式の駐輪場もあるそうです。

有料駐輪場のラック一例(広島県広島市)

有料駐輪場のラック一例(広島県広島市)

自転車の前輪をロックするタイプの有料駐輪場は、近くに精算機があり、停めている自転車のラック番号を入力して料金を支払います。

料金の支払い方法は自動車のコインパーキング「ロック式」に近いイメージです。

有料駐輪場の料金は地域により変わりますが、6時間~1日で「100円~数百円」程度になっているところが多いです。


スポンサーリンク
スポンサーリンク
リンク・シェアしてくれると嬉しいです
金沢サイクルパーキング
タイトルとURLをコピーしました