兼六園 早朝開園の時間帯、利用できるバイク・自転車駐輪場

兼六園 霞ヶ池

兼六園は日本三大名園の1つで、石川県で最も有名な観光名所の1つです。

普段は混んでる兼六園も、本開園前の早朝開園なら観光客もほとんどいないので、のんびり散策を楽しむことができます。

スポンサーリンク

兼六園の場所と早朝開園

兼六園早朝開園は時期により時間帯が変わります。本開園の15分前までの2,3時間入園できます。

兼六園の場所と入園料

  • 住所:石川県金沢市丸の内1番1号
  • 管轄:石川県金沢城・兼六園管理事務所
  • 入園料(個人):大人(18歳以上)310円、子供(6歳~18歳未満)100円
  • 入園料(団体):大人(18歳以上)250円、子供(6歳~18歳未満)80円
  • 公式サイト

※団体入場は有料入園者が30名以上

兼六園 早朝開園の時間帯

  • 3月1日~3月31日 5:00 – 6:45
  • 4月1日~8月31日 4:00- 6:45
  • 9月1日~10月15日 5:00 -6:45
  • 10月16日~10月31日 5:00- 7:45
  • 11月1日~2月末日 6:00 – 7:45

早朝開園は無料開園となっています

早朝開園の入口

  • 蓮池門口
  • 随身坂口


早朝開園は2ヵ所の入口のみ開いています。蓮池門口は金沢城石川橋近くの桂坂口から茶店の通りを進んだ先、随身坂口は金澤神社近くに入口があります。

スポンサーリンク

兼六園の早朝開園の見学範囲

早朝開園も本開園と同様の範囲で庭園を見ることができます。ただ、朝早いので時雨亭などの園内施設や茶店は閉まっています。

施設内の見学などは出来ませんが、それでも園内の散策は十分楽しめます。

スポンサーリンク

兼六園早朝開園のフォトギャラリー

クリックして拡大できます

兼六園 蓮池門口 兼六園 随身坂口 兼六園のことじ灯篭 兼六園 霞ヶ池

兼六園 内橋亭 兼六園 七福神山 兼六園 雁行橋 兼六園 松の木

兼六園 栄螺山の景色 兼六園 栄螺山の避雨亭 兼六園 栄螺山下の通り 兼六園 栄螺山下の通り2

早朝開園の兼六園におススメのバイク駐車場・自転車駐輪場

兼六園公立自転車駐輪場

兼六園 公立駐輪場

兼六園「桜ヶ丘口料金所」入口の横にあります。兼六園から一番近い駐輪場で、自転車・バイク共に利用可能。24時間開いているので早朝開園の時間帯も利用できます。

なお、兼六園公立自転車駐輪場への道は一方通行のため、兼六園「小立野口料金所」から兼六園下方面に進む必要があります。

利用時間 24時間
車種
原付(50cc)、原二・バイク
自転車
原付
原二・バイク
構造 屋外平面

※駐輪台数は不明

➡ 兼六園公立自転車駐輪場の詳細


兼六園下暫定自転車駐輪場

兼六園下暫定自転車駐輪場

兼六園下の国道159号線沿いにある駐輪場です。

金沢中心街の市営駐輪場でバイクが利用できる場所は少なく、「兼六園公立自転車駐輪場」「兼六園下暫定自転車駐輪場」の他に武蔵ヶ辻エリアに2ヵ所あります。

利用時間 24時間
車種
自転車、原付(50cc)、原二・バイク
自転車 89台
原付 20台
原二・バイク
構造 屋外平面

➡ 兼六園下暫定自転車駐輪場の詳細


柿木畠自転車駐輪場

兼六園公立自転車駐輪場と兼六園下暫定自転車駐輪場は、香林坊から兼六園の向こう側にあるため自転車での移動は少し面倒です。

兼六園の蓮池門口までは800m程の距離ですが、香林坊側で兼六園に近い駐輪場が「柿木畠自転車駐輪場」になります。

利用時間 24時間
車種
自転車、原付(50cc)
自転車 170台
原付 30台
原二・バイク ×
構造 屋内2階建て

➡ 柿木畠自転車駐輪場の詳細


スポンサーリンク
スポンサーリンク
リンク・シェアしてくれると嬉しいです
金沢サイクルパーキング
タイトルとURLをコピーしました